2017年11月16日

売上予測って時間のロスじゃない?

明日までに売上予測を記載しておいて!

先月まで営業ではなかった私。

先月から担当クライアントの今月、次月の売上見込みを考慮して指定のフォーマットに入力するの義務化された。

売上は大きく上下することは許されないようで、最近毎日20時以降仕事処理で会社にいる私なのですが、クライアントの資料を作る代わりに、
その命令で30分ほどかかったり。

これって、そんなに価値があるのかなぁ〜


私たち一般社員は週に1時間程度、この作業に費やすことになるって知ったけれど・・・
役職の付いている方の浪費する時間はもっと・・・

さらに、役職が部長以上となると、この作業がメインといってもいいほど、多くの時間を費やしているの。


もちろん、優れた会社はこんな生産性のない行為には時間をかけないはず。

だって、あと半月待てば、いろいろ苦労しなくても結果が出て知る事が出来るわけですからね。


でも私が勤務する会社では、その予測が大きくずれると、社長から責められる。


だから、その机上の作業に多くの時間を費やすの。

その時間営業かけた方がよくない?

出来るだけ狂いがないような売上見込みを・・
大きく離れると社長から怒られる。

これって意味あります?


そんなことやっているから、営業成績が伸びないとわたくし思うのです。

もちろん、クライアントの状況を把握するのは大事な用件だけれど・・・

傾向を知って、その分利益を上げる活動をした方が私は有益だと思うのですが・・・

つまり、社長のご機嫌をとるために、怒られないために・・・
日々の作業が進んでいるってこと。

気にしなくてはいけないのは社長の関心ではなく広告主の欲求。

そのはずなんだけどなぁ・・・

Kaoluのあるある大日記!サイトマップをCHECK?
posted by Kaolu M at 23:53| Comment(0) | ある日記なのだ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

年2回の恒例行事 ひとことのひとりごと2097

築地駅の改札を入ろうとしたら・・・
”残金不足です!”
って、また半年前と同じ状況で2日分の交通費を自費で払ってしまっていたのですが・・・
定期がきれていたら一旦待ったがかかる!なんてテクノロジー的には簡単なはずなのに・・・
少しでも利益をプラスするためにユーザビリティーを無視しているんだろうなぁ・・・
なんて思ったり・・・

IMG_9865.JPG

  美味しいらーめんメニューへ


posted by Kaolu M at 22:31| Comment(0) | ひとことのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

麺魚(カップ麺)

麺魚(カップ麺)

麺魚.JPG

錦糸町にある人気店麺魚の鯛だしらーめんがカップに入りました。
実際のお店の商品は食べたことがないけれど、なんだかおいしそう・・・
そう思って購入してみたの。

TRYラーメン大賞2016-17の「新人大賞部門」で総合1位に輝いた「真鯛らーめん 麺魚」
そんな経歴の商品は味わってみたいですからね。



熱湯を注いで待つこと5分。
見た目は普通のカップラーメンです。

麺魚 (2).JPG

そして、麺も普通の決して美味しいとは言えない麺。
でも、スープはなかなかに飲みごたえがあったのね。
ほんのり香る鯛のお味とクリーミーな鶏白湯。

また食べたいと思うようなカップ麺じゃないけれど・・・
お店のらーめんは相当にいけるんじゃないかと推測致します。


  美味しいらーめんメニューへ


2017年11月13日

007 白紙委任状 

007 白紙委任状 / ジェフリー・ディーバー

007 白紙委任状
007 白紙委任状


イアン・フレミングの生み出した英国諜報部員ジェームス・ボンド
原作も映画もわたくしは大ファンでございます。

原作者亡きあとに何人かの売れっ子作家が彼のストーリーを新たに生み出してきたけれど・・・
そんな中でも、この作品は相当にドラマティックで原作のイメージにも近いんじゃないかな?

2011年のオーサーはジェフリー・ディーバー。
1997年に四肢麻痺の科学捜査官リンカーン・ライムを主人公としたボーン・コレクターで一躍ベストセラーになった彼です。

彼らしいサスペンス溢れるストーリー展開と描写は読んでいてワクワク。
わたくしはボンドをダニエル・グレッグではなく、ピアース。ブロスナンのお顔を思い浮かべながら読み進めたの。

イギリス政府通信本部が傍受したメールの中に発見された、数千人が犠牲になり得る攻撃計画・・・
その週の金曜日がXデー。

世界中を飛び回り情報収集を行うボンドの活躍はめっちゃスピーディー。
ページを追っていくうちに、こんな壮大な計画が隠されていたのね・・・
そんな驚きが最後まで続く。
裏に隠されたダーティーなビジネスも社会のニーズに合っていそうで・・・将来あり得るかも・・・
そこまで実感させてくれるのが筆者のすごいところです。

それぞれの登場人物が魅力的で、しかも、しっかり歴史をもって生き生きと描かれている。
それに反して今回の悪役が非常に興味深くて怖いのですが。

死や朽ちていくものをこよなく愛し、その嗜好から大規模なごみ処理インダストリーを築き上げたボス。
しっかりと、社会の問題を取り入れているから、これだけの壮大なストーリーがドキュメンタリーのように思えちゃうんでしょうね。

IMG_9753.JPG

日曜日 美しくて紅きドナウ
月曜日 世界でいちばんリッチなくず屋
火曜日 砂漠の死
水曜日 キリング・フィールド
木曜日 失踪通り
金曜日 ゲヘナに下るとき

007 ブルーレイコレクション (24枚組) [Blu-ray] -
007 ブルーレイコレクション (24枚組) [Blu-ray] -

Kaoluのあるある大日記!サイトマップをCHECK?
posted by Kaolu M at 23:23| Comment(0) | ひとことのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする