2020年03月26日

らぁめん ほりうち 新橋店

らぁめん ほりうち 新橋店

IMG_0368.JPG

今日はオフィスで営業メンバー全員で研修を受ける予定だったのですが・・・
昨夜の小池知事の要請があったことで、実施方法の変更が行われました。

当初100人近くが参加するはずだったのですが・・・
人数が多すぎてリスキー。
ということで、わたくしを含む約50名は、明日に変更。
出社して15分で本日の業務終了となったの。

予想外に早い時間。
そんなときに思い出したのが、こちらの朝らぁめん

IMG_0367.JPG IMG_0366.JPG

午前11時まで、490円で醤油ラーメンが頂ける。
※多分通常のラーメン(690円)よりは麺が少ないのかと推測します。

以前新宿本店では味わったことがあるけれど・・・
柔らかい麺があまり好みではなかったわけで・・・
今回は麺硬めで依頼しました。
硬め可能だったのね。

しばらくして登場したらぁめん。

IMG_0368.JPG

中太の平打ち麺の上には、分厚い豚チャーシュー、青菜、メンマ、海苔、ネギのトッピング。
まずは、スープを口の中へ。

なんともやさしいお味。
懐かしさを感じるようなあっさり醤油味なのですが・・・
多分多くの人に愛されていることを考えると、ずっと進化し続けてきたんでしょうね。

麺はモチモチ。

IMG_0370.JPG

硬めで茹で上げてもらうと、ちゃんと美味しかった。
新宿店での、そう申告すればよかったという話。

分厚いチャーシューもとっても柔らかで、脂の部分の食感が特に魅惑的です。
ただ、他のラーメン店の多くがそうであるように、お肉の旨味はほとんど残されていませんでした。

メンマと青菜のシャキシャキ感は楽しかったです。

490円でなら、食べられるのはお得だと思いますわよ。


らぁめん ほりうち 新橋店ラーメン / 新橋駅汐留駅内幸町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3



中華そばNEO: 進化する醤油ラーメンの表現と技術 - 柴田書店
中華そばNEO: 進化する醤油ラーメンの表現と技術 - 柴田書店

美味しいらーめんメニューへ
【関連する記事】
posted by Kaolu M at 16:22| Comment(0) | 東京のらーめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: