2019年01月16日

つけ麺 和

つけ麺 和 (竹ノ塚)

IMG_5412.JPG

今年食べたつけ麺の中で一番美味い!
と唸ったのが、こちらの麺。

と言っても、今年はまだ2杯目ですが・・・
でも、これから、いろいろなつけ麺店を訪れたとしても、その順位は変わらないかも!
そう感動させてくれるほどのお味。

数日前に本屋でラーメンランキング雑誌TRYを立ち読みしてたのね。

第19回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2018-2019 (1週間MOOK)
第19回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2018-2019 (1週間MOOK)

その中で新人賞つけ麺部門を獲得していたのが、こちらの和。
なんでも、店主は亀有の超人気つけ麺店”つけ麺道”で修業を重ねた方なのだとか・・・


これは、一刻も早く体験してみたい!
というわけで、平日の午後1時頃に訪れてみました。

IMG_5418.JPG

店の外に小さな椅子が並べられていて、待ち人5人。
竹ノ塚という都心ではない場所の平日の列。

さすがの新人気店です!

券売機でつけ麺(800円)の食券を購入。
列の一番後ろの席に並びます。

店内に招き入れられたのは約12分後。
思ったより、待ち時間は長くはなかったです。

卓上サイドに掲げられているこだわりを眺めながらWAIT。

まずは、小さな2面の皿がサーブされた。

IMG_5411.JPG

お味を変えるための秘密兵器だそうで・・・
葱と、ニンニク醤油。

早速こだわりを感じる。
下記が、商品の案内文章の抜粋。

当店(つけ麺)
つけ麺和の麺は,茹で上がるまでに約14分のお時間を頂いております。
なので回転率が悪くなります。
しかし、つけ麺和では、自慢の超極太麺を一人一人のお客様に
もちもち歯ごたえのある麺を味わって頂きたいので、
最低でもこのお時間は頂いております。

当店(つけ汁)
豚骨、鶏ガラ、様々な魚介を使用し濃厚でクリーミースープ出汁を2度起こしすることで、
雑味がないマイルドな仕上がりです。


よほど味に自信がないと記載出来ない内容ですね。
さて、外で待った時間と同じくらいが経過した後、待望のつけ麺と、つけ汁が登場しました。

IMG_5412.JPG

極太麺はしなやかに飾られており、その上には大きなメンマとロゼ色が鮮やかなチャーシュー。
汁の方は濃い琥珀色。

では、まずは麺のみ1本口の中へ。
めっちゃ清涼感のある麺なの。
モチモチ感と、心地よい歯ごたえがある私好みの超イケメン!

IMG_5417.JPG

そして、スープは・・・

濃度は、そんなには高くないのだけれど、本当に濃厚。
そして複雑で上品な味わいが口の中で広がります。
濃厚と感じるのに、全くしょっぱさがなくて、優しいテイスト。

IMG_5414.JPG

多分、様々な素材が引き立てあって出来たハーモニー。
これと同じスープは絶対に他の人には作れそうにないな。
そう感じました。
そして、最上の麺と汁が巡り合うと、1+1ではなく、何倍にもその魅力が広がっていくのです。

ロゼチャーシューは柔らかく、メンマはシャキシャキ。
最高のコラボレーションです。

後半、葱とニンニク醤油をミックス。
葱は想像通りだけれど、もう1つの素材がワンダー!

プチっとした意外な食感の後には、個性的な強めの香り。
そして、これらがスープに溶け込むと、先ほどとは、まるで味ががらり。
より深く刺激的になる。
仕様前も後も、どちらも最高なんですけどね・・・

とにかく、食べ終わった後に、心の中で”美味しかった”と”また食べたい”
がいつまでもエコーする美味。

そのうち、もっと長い行列を作ることに必ずなるので・・・
今のうちにチェックしはじめた方がいいですよ!

つけ麺 和つけ麺 / 竹ノ塚駅

昼総合点★★★★ 4.1




  美味しいらーめんメニューへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: