2015年11月16日

井関屋

井関屋(小川町)

井関屋.JPG

古き良き中華そばの美味しさを追い求めました。
流行に左右されないらーめんのあたりまえの美味しさ。
インパクトや目新しさではなく、誰もが懐かしさとともに思い描く当たり前の中華そばの一杯。

店先には、らーめんの写真とともに、こんな自己申告が掲げられている。

今まで何度か店の前を通りかかった際には長い列が出来ていたこのお店。
御茶ノ水でセミナーを受けた後に通りかかった時に店内も空いていたので、やっと入店してみました。

目新しい味が好みのわたくしは、あまりこのコピーには魅力を感じなかったのですが、
長い行列を以前に何回か目撃していると、入ってみなくちゃ損。

そんな気がしてきちゃうわけです。

わたくしがオーダーしたのはデフォルトの中華そば(700円)
麺硬めでのオーダーです。

こちらのお店って”つじ田”の系列店なんですね。

つじ田のらーめんは以前に食べたことがあるので、違うテイストだといなぁと思いながら待つ。
しばらくして登場したのは、小さめの丼の中に収められたらーめん。
麺が細めなので量がかなり少なめに感じられます。

具材は大きめの豚チャーシューが2枚、メンマ、海苔、葱。

まずはスープを。
濃い味付けではないのですが、煮干しと鶏ガラで抽出したスープなのかな?
それに風味豊かな強めの醤油。

確かにシンプルだし、昔からありそうなお味。
ただ昔から評判で行列をつくっていたお店の味ね。
わたしが昔子供の頃に食べたらーめんは、こんなに繊細な味わいのものはなかった。

麺も普通ではあるけれど・・・普通なのに美味しかったり・・・

井関屋麺.JPG

豚肉はトロトロでメンマはシャキシャキ。
どちらもトッピング自体に味が付いていて、お仕事が丁寧・・・
そんな印象をもったの。

以前系列店つし田とは、違った商品で、こちらの方がより和風。
しかし、どこかで食べたことがある味・・・・

そう思っていたらあるお店を思い出した。
浅草にある人気店中華そば つし馬のらーめんにルックスもお味も結構近いの。

量は少なめなので満腹というわけではないけれど、味には満足して店を出る。

秋葉原方面に向かうと、すぐ近くに系列店のつし田があるんですね。
そりゃあ味変えないとね。

井関屋ラーメン / 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3




  美味しいらーめんメニューへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック