2015年03月28日

一瞬の出会いでチャンスをつかんでいる人の顔グセの法則

一瞬の出会いでチャンスをつかんでいる人の顔グセの法則 / 重田みゆき

一瞬の出会いでチャンスをつかんでいる人の 顔グセの法則
一瞬の出会いでチャンスをつかんでいる人の 顔グセの法則

重田みゆきさんって本当にチャーミングな方ですわよね!
わたくし実は1年ほど前から隠れファン。
※別に隠す必要はないのですが・・・

ご存じない?
さんまのホンマでっか?TVのレギュラー解説者のインプレっショントレーナーと言えば
お分かりになる方もおおいんじゃないかしら?
最近見かけることが少なくなったわたくしの好みのタイプ西岡スミコだよ!さんに
お顔が似ているという理由もあるけれど・・・

きっと、それだけではないわけで、

たまに早く家に帰ることが出来て、その際に重田さんがテレビ画面に登場していると、
一旦他の作業をストップさせて見入ってしまいますもの。

その人を惹きつける理由は、彼女がその行為の専門家でもあることから・・・
そんな奥深い思考と、簡単な習慣によるものだということが、この書籍を読んで知ることが出来たの。

そう言われてみれば、自分の顔をじっと見るなんてことは洗面台やトイレの鏡の前だけ。

他人が、あなたを実際に見ている印象とは随分違うものなの。

以前にも、わたくし他のトピックで触れたことがあるけれど、
話している相手の印象って、言葉によるものより、表情や態度による比率が高いわけで・・・

自分の顔なんて生まれつきなんだからしょうがないわよ!って
思いがちだけれど、実際目鼻立ちが整っているとか、黄金比率がどうとか・・・
そんなことよりも表情が、相手へのインパクトを大きく変化させちゃうそうなの。
言われてみればそうよね。

どんなに一般的に整ったイケメンOR美女とデータ的には判断したとしても、
それ以前に表情に輝きがない方は、その事実に気が付くことさえ出来ませんもの。

この書籍の前半で紹介されていたエピソードなんだけれど、
自分の顔癖修正に成功した後の証明写真を履歴書に使用するようになってから
書類選考に落ちなくなった・・・

さらには面接した後には、人が変わったかのように内定が次々に決まっていったという・・・
でも顔って、やっぱり大事。

その人のやる気とか優しさとか、誠実さが一目瞭然なんです。
更に、その本当の気持ちを伝えるのが苦手な国民性も意識しなくちゃ。

今まで、わたくしは内面が、外に現れるから、心がけ次第だと考えていました。
でも、そうじゃなかったのね。

重田さんに言うように、自分が挨拶される場面を想像してみると、確かに間違って表現していたことが多かったなぁと反省。


日本人って、お辞儀する習慣があるけれど、
あなたはお辞儀しながら”ありがとうございました。”
って言っていない?

わたくしもそうでした。

だけど、いくら心の中で感謝の意を溢れるくらいに持ち合わせていたとしても、相手にはなかなか伝わらないそうよ。

ちゃんと顔を見てお礼の言葉を伝えてから、頭を下げる。
この方が、いい気持ちにさせてくれますわよね。

ステキな笑顔は素敵なチャンスをどんどん運んでくれる。
魅力って惹きつける力なわけで、様々な習慣や疲れで固まったお顔の筋肉をほぐして、
さらに自分自身のためにも素敵な笑顔を体得する方が断然幸せなのよ。

わたくしも会社ではッむすっとしていることが多かったから、
この書籍で紹介されている顔をほぐす1日数分のエクササイズを実践して、
ステキな笑顔を心がけようと思いましたわ。

多少ましになったと思ったらブログで、わたくしの笑顔写真アップいたしますので・・・(笑)
最後に、重田様が伝えた方大きなキーポイントの1事をご紹介!

幸せだから笑うのではなく、幸せになるために笑うの。


最後に、重田様が伝えた方大きなキーポイントの1言をご紹介!



幸せだから笑うのではなく、幸せになるために笑うの。


→ http://urx.nu/iOl9


最後にと申し上げたけれど、もう1つ。

わたくしが気になっているほうれい線のたるみを
改善出来るかもしれない2枚のDVDプレゼントキャンペーンが実施中ですわよ。

※重田さんの、この書籍とは関係ないけど・・・

→ http://raku.in/bgqajea

わたくしは、申し込みました。
よろしければチェックしてみて・・・

1.感じがいい人ほどチャンスが多い
2.感じがいい人の笑顔の秘密
3. 1日3分、奇跡の顔グセトレーニング
4.人に好かれる表情テクニック
5.一瞬の出会いで覚えてもらえる人の共通点
6.いい顔グセと熱いハートで、キャリアアップしてきた私の方法


Kaoluのあるある大日記!サイトマップをCHECK?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック