2014年09月17日

饗 くろ喜

饗 くろ喜 (秋葉原)

くろき.JPG

秋葉原(というか浅草橋)で圧倒的な人気を誇るらーめん店に、やっと訪れてみた。
土曜日の午後2時頃。

店の外には炎天下の中、5人が入店を待っている。
わたくしが列についてからも、後ろにどんどん人がプラスされていくの。

10分ほどしてスタッフの方の指示でいったん店内に入り券売機で食券を購入。
このお店の売りといったら塩そば(850円)でしょう!

その他にもオリジナリティーにあふれたユニークな商品が並ぶ。
塩そばの食券を買ってから、再び外に並び、さらに10分後入店を許されました。

いつものように麺硬めでとお願いしたら、出来ませんとのこと。
大人気店は応じてくれないお店が多いですわよね。

麺は細麺か平打麺のいずれかを選択。
平打をオーダーしたら、
堅い麺がお好みであれば細麺の方がお勧めとのお言葉を店主に頂き、細麺に変更。

2分ほどで、美しいルックスのらーめんが登場しました。
ローストビーフのような見かけミディアムロゼな豚チャーシュー、
鶏チャーシュー、小松菜、ネギ、白いたけのこ、フライドガーリック。

まずスープを。
あっさりしているけれど、魚介や動物系のだしが上品に抽出されている。

ちょっと味が薄すぎかなぁ・・・
とも思ったけれど、

隣の客が”しょっぱい”
とおっしゃってスープをたしてもらっていたから、
わたくしの舌が濃い味つけになれすぎているのかもしれません。

麺はおそばのような触感でシャキシャキ。

くろき麺.JPG

前述のロゼ色の豚肉が、まるでふれんちのようで、塩らーめんという和風の商品に無国籍な印象を与えてくれていたの。
目の前で調理されている商品の中には、
これがらーめん?って疑問に感じるような目に新鮮なヌードルも見かけられたから、
今度はほかのユニークな商品も試してみたいわぁ・・・

饗 くろ喜ラーメン / 浅草橋駅岩本町駅秋葉原駅




  美味しいらーめんメニューへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック