2014年07月23日

麵きち

麵きち(竹ノ塚)

麵きち.JPG

あっさりしたスープの中なのに、しっかりした煮干しの香りと鶏のコク。
今まで味わったことがなかった繊細で新しいコンビのスープだったわぁ・・・

家から比較的近い場所である竹ノ塚。
食べログをチェックしていると、なんと、まだ訪れたことがないラーメン店があるではないか!?
そこで珍しく何の予定もない週末に、このお店を目指してみたんだ。
去年後半にリニューアルしたけれど、人気のチャーシューは健在!
と美味しそうならーめん画像とともに告知されていた。
魂のチャーシューメン清水というお店。

迷うこと20分。
竹ノ塚って大通りを少しでも外れると薄暗い住宅地になるわけで、
わたくしの自転車行動範囲にもかかわらず、すぐに迷ってしまうの。

結局自分が予測していたのとは違う大通りに到達すると
麵という大きな文字が目に入る。
やっと見つけたぞ。
???
わたくしの探していた清水ってお店ではないのだけれど・・・
スマホの地図を二度見すると、やはり、ここは目的地。

店の前にはプレオープンの案内があり、花輪が飾られている。

中に入ると、古い建物とはアンマッチなオシャレなデザイナーズチェアーがカウンターに
面して配されているの。

”いつOPENしたんですか?”

そう尋ねると、なんと、わたくしが訪れた、その日。
だけど、誰もそのOPENを知らなかったようで誰もお客はいなかった。

ロケーションがよくないもんなぁ・・・
竹ノ塚から歩くと10分程かかるし、どこかに寄った際に見つかるような場所ではない。

近隣の住民以外には、この新店の存在は告知しない限り知られることはないと思われる。

プレオープンセールのため、
通常営業に移行した際よりも、かなりお安いOPEN記念の値段設定。

クリーミーな白湯スープと煮干し中心の魚介のWスープがしろきちらーめんで通常730円が550円!

すっきり鶏系の清湯スープに煮干し中心の魚介のWスープが中華そばで通常680円が500円!

濃厚味が好みのわたくしは、しろきちらーめんを麺硬めでオーダー致しました。
さて急にかかってきた有難いお仕事関連の電話を受けてから既に目の前にサーブされた一杯に向き合ったの。

白濁したスープの中には中太の麺が揺らぎ、
大きな噛みごたえのあるメンマが2本、タイニーピースのジューシー豚チャーシューが1枚、シャキシャキした青菜、葱、海苔が1枚。

レンゲでスープを口に運びます。
薄味であっさいしているのだけれど、煮干しの香りが口の中で広がる。
それを追いかけるように鶏のコクが味覚を満たしていくの。

デフォルトは、かなりあっさりめなのだけれど、いちど濃く作ったスープをアッサリには変換できないから、
このチョイスはお客様思いなんじゃないかな。

卓上には魚粉が置いてあって、これで魚味をさらにプラス!
麵は、北海道らーめんのような噛みごたえのある麵。

麵きち麵.JPG

実は白湯スープベースも煮干しベーススープも数えきれない程
味わってきた、わたくしだけれど、意外にもこの組み合わせは初めてだったような気がする。

まず煮干しが来て、その後、鶏のコク。
これは、わたくしにとっては新鮮で上品な衝撃だったのです。

こんな目立たない場所に立地するらーめん店だけれど、足を運ぶだけのことあると思うわよ。
通常料金になった際には、少し量の少なさが不満材料にはなるだろうけどね・・・

また訪れたいお店です。
ちゃんと道も覚えたしね・・・(多分)

ところで、らーめんの写真を撮らせて頂いていたら店主の方に
”宣伝しといてください”
と言われて、食べて美味しかったので、もし食べログに登録されていないのなら、
わたくしが・・・と思ったのですが・・・

食べログには登録されている・・・とおっしゃっていたので。
もし未登録ならお店の電話番号をお聞きしようと思ったのは、
食べログの新規店登録には連絡先が必要だから・・・

いざ、食べログで探してみると見つからず・・・
立地が悪いだけに、残念だわぁ・・・
他の人にも伝えたかったのに・・・

興味をもった方は食べログに登録されている閉店した清水を目指してね!


  美味しいらーめんメニューへ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック