2014年05月29日

神楽

神楽(竹ノ塚)

神楽.JPG

あの”東京とんこつましこ亭”のDNAが凱旋出展!


そんな竹ノ塚の新ラーメン店のチラシが週週間前に朝日新聞の中に折り込まれてきたの。
ましこ亭って足立区では結構有名なラーメン店。
わたくし自身は、そのオリジンには、あまり魅力を感じなかったのだけれど、
大盛りOR味玉子が無料!のクーポンが付属していたので、期限が切れる前の週末に訪れてみた。

会社を出る前に住所をチェックしてメモっていたのだけれど、
そのメモが見当たらない・・・

急遽スマホでネット検索するのだけれど、
なかなか見つからないのは、まだ存在が浸透していないのかな?

だけれども西友の周辺を彷徨っていたらすぐに見つけることが出来たよ。
週末の午後10時頃。
客は、誰もいませんでした。

チラシにあった白湯を…と思ったのだが、値段が高すぎて
通常の一番人気と案内されていた鶏そば(750円)の食券を購入。
麺硬めでのオーダーです。

チラシに印刷されていた写真のオーナーがいると、まるで有名人に会ったような錯覚。
3分程で注文の品はやってきました。
細めの麺の上にはタイニーな鶏チャーシューが2ピース、ぶかっこうな鶏団子、小さな鉾先メンマが2本、刻み葱、そしてクーポン使用の味玉子。
クーポンを利用しないで、このルクスを確認するのは100円増しの850円になる。

さて、まずはスープ。
ほんのりと鶏のダシが感じられる上品なあっさり味なのだけれど、
今人気の濃厚鶏スープを売りにしているお店と比べるとあっさりしすぎていて
濃いテイストが好みのわたくしには物足りないかも。

麵は中太のノーマルなタイプ。
神楽麵.JPG

だけれども、不格好な鶏団子はラーメン店では珍しく大きめの軟骨が入ったアクセント満載の1品で
クーポン利用の山麓卵を使用したという味玉子も黄身が濃厚でいける味だったわぁ。
※味玉子は、もっと半熟の方が好みではあるけれど・・・

ラーメンスープはこだわった素材を利用しているわりには、あっさりすぎて
その良さは、わたくしには感じられなかったけれど、具材に関しては、いい仕事されている印象。
量はかなり少なめなので、750円は、ちょいと高い気は致しましたが・・・
あと100円安かったら、たまに訪れたいなぁと思うようなお店でした。

神楽ラーメン / 竹ノ塚駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1



  美味しいらーめんメニューへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック