2013年09月24日

紫龍

紫龍 (東銀座)

紫龍.jpg

なんて美味しい麺なんでしょう!
歯ごたえのある食感と小麦のほのかな甘み。
一般的な麺とどこが違うの?と問いただされると
はっきりとは答えられのだけれど、こんな麺は、あまり味わったことがない。

平日のランチは少し足を延ばして銀座方面まで歩いてみた。
今回の目的地は食べログで調べた、まだ訪れたことのない、こちらのお店。
券売機で一番安いメニューであるラーメン(650円)の食券を購入。

この食券自体に味の好みをセレクトする項目が印刷されており、
店員さんが好みを取材しながら○を付けます。

わたくしの場合・・・
麺硬め、ニンニクなし、脂多め
午後2時を過ぎていたのに、そこそこお客は入っているなぁ。
卓上には様々な調味料。
この店オリジナルの配合という黒酢と黒山椒胡椒は、あまり見かけないセッティング。
これらを後半ラーメンにプラスして味の変化をお楽しみ下さいとのことです。

5分ほどで登場したラーメン。

中華料理店のような店名なので、
ごくごく一般的な日本の中華食堂味のらーめんを予想していたんだけれど、
ルックスは家系ラーメンに近い。
薄いけれど面積のある豚チャーシュー、ほうれん草、白ネギ、青ネギ
背脂が琥珀色のスープの上を雪のように覆っているんだ。

まずはスープ。
まるで動物臭がない豚骨スープは、意外にもあっさり!
背脂がこんなにもインされているのに、まるでくどくないぞ。
それどころか爽やかと思う程の口当たり。
※豚骨らーめんって食後やたらと喉が渇いたりすることが多いのだけれど、
まるでそんなことがなかったもの。

麺もスッキリした香ばしい味わい。
紫龍の麵.jpg

見た目はオーソドックスなんだけれど、
よくある豚骨らーめんとは、少しずつプラス方向に違っております。

わたくしは、あまり酢のお味が好みではないので
後半黒山椒胡椒のみと通常の唐辛子を加えてみたんだけれど、
一気に複雑なスープに変身。
意外と豚骨スープにも和風の上記のようなスパイスがマッチするんだなぁ・・・
と教えてもらったのです。

らーめん紫龍 東銀座店ラーメン / 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



  美味しいらーめんメニューへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック