2013年09月10日

竹岡らーめん アジアンダイニング梅乃家

竹岡らーめん アジアンダイニング梅乃家 (新橋)

竹岡らーめん.jpg

あれっ、間違ってお店入ってしまった?ふらふら
らーめん店に入ったつもりが、カレー店?

と思ったらカウンター席ではちゃんとらーめんを食べている人もいました。

外の券売機でらーめん(500円)の食券を購入して入ったんだから間違いようがないようなぁ・・・
インド人(多分)のカップルが店を切り盛りするスパイスの香りがあふれた店内。
らーめんの麺を茹でる大なべのすぐ横でナンを焼いている。

どうも本格的なカレーとらーめんを扱うお店のようだ。
らーめん店でカレーライスを置いてあるところは時々見かけるけれど
インドカレーを一緒にという形態は初めて。

麺硬めでのお願いです。
竹岡らーめんとは千葉県内房周辺で作られているご当地ラーメンだそうで、
スープは、醤油ダレに麺茹でに使用した湯を入れるのみで、
その醤油ダレにはしっかりと肉のうま味が溶け込んでおり、薬味には玉葱の角切りを使う。
というのが竹岡らーめんの流儀。

もともとの発祥の店が梅乃家と鈴屋の2店とのことだけど、
こちらのアジアンダイニングは発祥のお店と関係があるのでしょうか?

5分ほどで登場した竹岡らーめん。
琥珀色のスープの中に細い麺がゆらぐ。

竹岡らーめん麺.jpg

具は前述の玉ねぎの角切り、豚肉のチャーシューが2枚、メンマ、カイワレ、海苔。

まずはスープを。
香ばしい醤油の香りが口の中に広がる。
シンプルだけど、とってもうま味のあるスープ。
麺にはあまり特色がないけれど、チャーシューは脂分が甘くてジューシーだし、玉ねぎの食感がアクセントになって普段あまり食べたことのないまとまり感なの。
量は少ないけれど、この味が500円で食べられるのはリーズナブル。

機会があれば、今度はカレーとナンを味わってみたいわぁ・・・

竹岡らーめん 梅乃家ラーメン / 御成門駅汐留駅新橋駅





  美味しいらーめんメニューへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック