2012年12月30日

ぽっぽっ屋

ぽっぽっ屋  (小伝馬町)

ぽっぽっ屋日本橋店.jpg


ぽっぽっ屋 の本店ってこんな所にあったっけ?
本当に久しぶりに見かけたこの屋号・・・
久しぶりに年末の挨拶で都内にお上りした際に見つけた看板。

数年前はぽっぽっ屋の本店はたまに訪れていたし、
月島で俺が働いている際には隣駅まで歩いて晴海店でたまに食していたわけだけれど、
久しぶりに見たわぁ・・・この屋号・・・

本店ってこんな場所だったけ?
看板をチェックすると日本橋店と書いてあって、支店なのかな?
って納得したのだけれど、後でネットでチェックすると、こちらが本店のよう。
馬喰町から移転していた。

でも日本橋店って店名・・・
ここって日本橋じゃないじゃん?
と一瞬どこに自分がいるかわからなくなってしまうの。

とりあえず、3年は訪れていないぽっぽっ屋。
店頭のメニューを確認すると俺の知らないメニューが・・・

店から離れたところからも目立つようなつけ麺と表示されたのぼりがあるのだけれど、

つけ麺というメニューはメニュー表には見かけなかったり・・・
代わりにつけらーめん(800円)という商品が・・・

のぼりのお勧めつけ麺はきっと、このメニューなんでしょう。
こちらを麺硬めでオーダーです。

店舗の外には脂、味濃いめ、野菜多め、玉ねぎ、にんにくなどトッピングが無料とあったので、
他の二郎系店のようにサーブされる直前に尋ねられるのかと思ったら、そのままデフォルトメニューが登場!
で・・・自分好みには出来ませんでした。

ぽっぽっ屋日本橋店つけらーめん.jpg ぽっぽっ屋日本橋店つけ汁.jpg

太い麺の上には薄い豚肉のチャーシューが3枚ともやしがたっぷり。

まずは麺だけ1本口に運びます。
数年ぶりのぽっぽっ屋の麺。
太さは俺の記憶通りだけれど、食感がまるで違う。
ぽっぽっ屋日本橋店の太麺.jpg


ぬめっとしたウェットなもっさり麺は、単体では感動はない。
かつて俺が食べていた麺は、もっと噛みごたえのある、芯のある麺だったのに・・・

数年もすれば味は変わるものなのね・・・
それともつけらーめんというらーめん以外の麺だからなのか・・・

スープは濃度の薄いあっさりしたもの。
つけ麺とよばずにつけらーめんと呼ぶのは、このらーめんスープ風の薄い汁が由縁なのかも。

豚骨で有名なこのお店にしては、アッサリ感が強すぎで、通常とは違う味を打ち出したかったと推測される。
ほんのり一味唐辛子が入ったスープは甘みと酸味が強く、動物系の脂っぽさはあまり感じられないんだ。

どちらかというと昔ながらのスープというイメージ。
俺にはちょっと甘すぎだったので、大量に卓上のブラックペッパーと唐辛子を+。

最初に口に入れた際には、かつての麺の方が・・・
と思った俺だけれど、このあっさりスープにつけると表面が潤って、すんなり唇にフットするんだわ。

スープの中にはメンマと葱
麺の上にのっかていたチャーシューは柔らかいけれど肉の味がほとんどしませんでした。

これも狙い?

とにかく食べている間は全く美味しい!とは感じなかったのだけれど、
食後の脳にはなぜか、満足感がインプットされており・・・

独特の麺とあっさりスープが時間差で俺が求めていた味にミックスされたのかも。

そんなわけで、食べた時の印象とは違って、また食べたい!
となぜか思ってしまうのがマジック!

ぽっぽっ屋 本店ラーメン / 小伝馬町駅新日本橋駅馬喰横山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



Kaoluのあるある大日記!サイトマップをCHECK?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック