2012年07月23日

広島つけ麺 ぶちうま

広島つけ麺 ぶちうま (新橋)

ぶちうま.jpg

久しぶりに仕事の用事で本社に訪れる際に下車した新橋。
事前に俺がまだ訪れていない麺やさんはないか食べログでチェックしておいたんだ。
つけめん部門で結構人気があった以前にはなかったお店がこちら。
六本木や他の繁華街でも店名を見かけたことがあるプチチェーン店。
広島風というとお好み焼きを連想しがちなんだけれど、つけめんにも広島流があるんだね。

新橋駅からすぐの場所だけれど、雑居ビルの間の隙間のスペースを入っていく辺鄙な場所で
大通りの看板がないと決してたどり着けない場所。
よくこんな場所に物件の出店地を見つけたものだわぁ・・・

平日のちょうど12時すぎのゴールデンランチタイム!
俺が発見したこの場所には3人の女性グループが店の外に並んでいた。
ビルとビルの間なのでエアコンの室外機の熱気とたまった熱い空気が滞留する
頭が朦朧とするスペース。
こんな悪環境の中で待ちの行列をつくるのは、この界隈の人気店と言えるのでは?
だって、すぐそばの豚骨らーめん、ばんからは客がほとんどいなかったもん。
吹き出す汗でワイシャツをにじませながら待つこと10分。
俺の後ろには1グループだけれど、すぐに4人の後続。
やっとエアコンのきいた店内にイン。
10席のカウンターのみの狭めの店内。

メニューは広島風のつけめんのみで、
量によって値段が異なる。
つけめん店では普通盛りも特盛も同料金という割り勘タイプのお店が多い中、
こちらはしっかりと別料金。
0.5玉・・・850円、1玉900円、1.5玉950円・・・
0.5玉からの販売ってのは初めて見る光景だけれど、それにしてもお高いお値段!

だけどWAIT!
辛さは1辛から40辛まで選択出来るようになっているのだけれど、
辛さがアップしても値段は同じ。
辛さが増大すれば原材料も上がるわけだけれど、
そこは同料金で他のつけ麺店とは対象が違うだけであり、
割り勘制度はこちらも同じ。

最初辛さ20倍をオーダーしたのだけれど、
俺の先に入った先輩女性の40倍のコールに刺激されて
30倍に修整。

いつものように麺硬めでのオーダーをしたところ、
”うちの麺は普通でも硬めなんですけど、それでもいいですか?”
”もちろ(村上春樹風に)”

6分程待つと、まずは麺が平らな皿に飾られて登場。

ぶちうま麺.jpg ぶちうま汁.jpg

トッピングは麺の皿にTOGETHERするがこのお店の流儀のようで・・・
茹でたキャベツ、ローストした薄いチャーシューが3枚、半熟玉子ハーフ、千切りきゅうり少々。
汁ものにきゅうりは俺の好みじゃないんだよなぁ・・・

以前飲みにいったスナック?ですいかサワーと称したきゅうりをミックスしたまずいサワーの味がトラウマになっているのかもしれない。

麺はつけめんには珍しい細麺。
まずその麺だけを口に入れてみると、確かに食感を残した麺はグッド!
だけれど硬めじゃなかったら、俺にはこの細い麺は柔らかすぎだろうなぁと推測。

スープは真っ赤ではあるのだが。意外と辛さは感じることはなく・・・
※俺は辛いもんが平気な生き物です”
卓上にあった唐辛子を4杯増量!
ただ俺の左隣にいた男性は一辛を食べており、
もちろん汗なんかはかいてなかたけれど、同僚に一辛で充分辛いなんてコメントをされていたので、
きっと20倍は辛いんだと思う、正常な味覚のPEOPLEにとっては・・・

スープが冷たいので辛味成分が鼻孔をくすぐることもなく、
辛み成分が多い割には食べやすいんだろうね!

すっきりした濃度のないタイプのスープ。
清涼感があり、夏にぴったり!
でも俺にはきゅうり味が好みではないので、あまり魅力は感じませんでした。
さっぱりした味&やや辛めが好きな人にはぴったりとはまるとは思います。

ちなみにミディアムロゼに仕上がったチャーシューはフレンチのディッシュの中にあるお肉のようで
美味しかったぞ!!!

広島つけ麺 ぶちうま 新橋店つけ麺 / 新橋駅内幸町駅汐留駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



  美味しいらーめんメニューへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック