2013年05月17日

麺屋時茂

麺屋時茂 (草加)

★ 鶏白湯つけ麺

時茂鶏白湯つけ麺.jpg

2013年5月17日
評価 B

約1年ぶりに、草加駅前のこのお店を訪れていた。
数週間前に同じく草加のお気に入りのお店、龍が如しで、ちょいと酒に酔った隣のお客さんが
この時茂ってお店はなにかのラーメンランキングで埼玉の第2位を獲得したなんて話をしていたのが聞こえて、また味わってみたいくなったの。

そのお客さんに、あの店は埼玉2位らしけれど、どう思う?
と尋ねられていた龍が如しのスタッフは嫌な顔もみせず笑顔で答えていました。


週末の夜10時頃、外にある券売機で今回は鶏白湯つけ麺(740円)の食券を購入。
店の中へ入ると、ちょうど満席で外のベンチで6分50秒程待った後に、奥の席に誘導されました。

1年前と同じように読みかけ寸前の書籍を全部読み終わって、待ち時間は入店してから14分程かな?
お客さんが多いのに加えて丁寧に仕事をされているので、これ位の待ち時間はしょうがないです。

まずは旅館のディナーの席におかれるようお一人さま用鍋のように火力を加えられ続けているスープが登場。
ぐつぐつと泡が上る琥珀色のスープにはうっすら脂が浮いている。

時茂鶏白湯つけ麺器.jpg

そこから3分ほど遅れて麺が登場!
つけ麺にしては細めにも見える中太麺の上には薄くスライスした豚チャーシューが2枚、鶏チャーシューが1枚、たっぷりの青菜。

時茂鶏白湯つけ麺スープ.jpg 時茂鶏白湯つけ麺の麺.jpg

まずは麺のみを・・・

そんなに太くはないのに、もっちりとした食感。
ほんのり小麦のテイストも素敵ですわ。

今度はスープのみを。
熱・・・

事前にスタッフの方から注意を促されていたけれど、
思い切って口の中に入れすぎました。

かなり甘い味付けなんだけれど、人工的な嫌な甘さではなく、すんなり体が受け入れられるSWEETNESS.
その甘みに鶏の奥深い味わいがリンクしているの。
ところで、冷めないスープシステムは、ずっとアツアツで、客思いのサービスだとは思うのだけれど、
スープの高度が上過ぎて麺をつけるのが、非常にやっかい・・・

数種類の野菜を煮込んで抽出した甘さではないかと俺は推測したんだけれど間違っている?

浸透圧は高くないけれど、濃厚なお味で麺とのマッチングもグー!

以前食べたONらーめんのチャーシューに比べると冷めてるせいか、ジューシーさを感じることが出来なかったのが、ちょい残念だったけれど、
とっても美味しい鶏野菜つけ麺でした。

※ちょっと麺の量が大食いの俺には少なすぎたけれど・・・)


★ 鶏白湯ラーメン

時茂.jpg

2012年5月3日
評価 B


数か月前までは違うらーめん店が営業をしていた草加駅東武線ガード沿いのこの場所。
新しいお店がOPENしていたのは知っていたけれど・・・
人気のないらーめん店の跡地って結構その後も人気が出なくて閉店・・・
なんてケースをやたらと見かけるのよ。

なので、1回は入ってみなくちゃとは思っていたけれど、
あまり期待はしていなかった。

店の外に券売機があって、
"とりあえず一番安いメニューである鶏白湯ラーメン 680円
"
のボタンを押した後に・・・後ろに3人連れの少しお酒が入ったグループがやってきて話しているのが耳にはいった。
”ここのつけ麺超最高ですよ!”
そうなの?
そのお言葉あと15秒早く聞きたかったわぁ・・・

カウンターのみの席は俺の後の3人が加わると、80%の埋まり具合。
駅の近くではあるけれど、意外と見落としやすい場所なのに、以前のお店とは違って人気店なのかも・・・
購入済の食券を渡して麺硬めでオーダーです。
”了解しました”
若い店員さんは店長さんなのかな?
素敵な接客スマイルです。

結構お客が入っていたので、10分ほど待つことになったけど、
その日のうちに読み終わらせたい書籍を手にしていた俺はちょうどよかったよ。
10分待っても、もう出てきたの?って感じ。

さてらーめんのどんぶりの上には丸く集められた見慣れないオブジェ。
生の玉ねぎを寄せ集めたものだったよ。
しかも薄いけれどチャーシューが4枚!たっぷりの青菜。

時茂玉ねぎ.jpg 時茂の麺.jpg

第一印象はかなりいい!
どこででも見かけるルックスのらーめんではなく、これからの実食に期待が・・・

まずはレンゲでスープをマウスにキャリー。
濃厚な鶏と野菜の味。
こてりしていて、まるでポタージュスープのよう。
白湯スープを売りにしているらーめん店は数多く存在していて、
俺も数多くのいっぱいを味わってきたけれど・・・
鶏のだしはきいているのはわかるけれど味が薄いんだよ!と思う店ばかり・・・

ところが、こちらは味が濃くなりそうな調味料を加えていなさそうなのに・・・
こってり味派の俺にも全く不満を感じさせない味付け。
中太の麺は個性的ではないけれど、前述の玉ねぎは多すぎだろ!
と当初突っ込みをいれたがっていたのに、全然スープと調和して、マッチしてるぞ。

4枚のチャーシューのうち1枚は豚肉ではなく鶏肉。
枚数が少なくても厚みがないとジューシーさや肉の魅力を堪能できない!
という感想ももたないわけではないのだけれど、デフォルトで2種類のチャーシューを体験できるのは素敵なサービス精神。

すっかりこのお店のファンになってしまったわたしだったのです。
評価をAとするには俺の好みではない要素がたくさんあったりするのに、何度も訪れたくなるお店。
今度は俺のあとのよっぴー客が絶賛していたつけ麺を早く食べてみたい・・・

麺屋時茂ラーメン /

草加駅

夜総合点★★★★ 4.0



  美味しいらーめんメニューへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック