2011年11月06日

濃厚豚そば ぶれん

濃厚豚そば ぶれん (竹ノ塚)

● かけ濃厚豚そば

ぶれいん かけ濃厚豚そば.jpg

2011年11月
評価B


俺が竹ノ塚のらーめん店で一番気に入っているこちらのお店。
家族でイトーヨーカドー竹ノ塚店に買い物に行った際に
結構買い物をしたから3時間駐車料金無料という状態になり、IYを出て外にランチの場を探してみたのです。

金曜は飲み会だった俺。
なんで飲んだ後ってらーめんが食べたくなるんだろう?

そこで俺が1度だけ訪れたことのある”ぶれん”というお店に家族を誘導したんだ。
午後2時近くだったので店内はもう客も少なかった。
家族でのランチとなると、高いメニューをオーダーはご法度!
って暗黙の了解があるから子供はお子様豚そば(350円)、俺たち夫婦はかけ濃厚豚そば(580
円)をオーダー。
俺の分はもちろん麺硬めね。

ランチタイムはご飯が無料サービスとのことですべての商品に付加してもらいます。
子供用のらーめんは3分ほどですぐにサーブ。

ぶれん お子様豚そば.jpg

少な目の量のらーめんにチャーシュー、味玉子と結構ゴージャス!
だけどお子様用は細麺なんだね。
スープの上にはなぜかお菓子のおっとっとが2匹存在しておりますのね!

俺たちのオーダーが出される前に食べ終わる勢いで付属のご飯をスープにいれて娘は大満足しておりました。
さてオーダーしてから10分ほどで登場したわれら夫婦の濃厚豚そば。
太目の麺に具はたまねぎとねぎのみ。

ぶれん かけ濃厚豚そば麺.jpg

そっか・・・
かけ濃厚豚そばのかけってかけそばのかけで・・・
スープと麺のみって意味合いだったんだね。
ハニーは具がないらーめんをかなり物足りなく感じたようだけど、
俺は逆にこれだけで、こんなに美味しいんだぁ!って逆に感嘆したり・・・
それに玉ねぎがめっちゃしゃきしゃきしてて、とんこつ&魚介のコクのあるスープにアクセントを与えているの。

最初に訪れた際には野菜のポタージュってコピーに期待を持ちすぎて、イメージ外だった、こちらのらーめんだけど、
今回のように味を経験してから食べる方が余分な期待がなくて美味しく感じるのかも。

もちろん俺もご飯の中にスープと玉ねぎと一味を投入して食する。
こちらもライスとはベストマッチングで・・・

ぶれん かけ濃厚豚そば&ライス.jpg

初回よりもますますこちらのお店が好きになったりしたのです。




濃厚豚そば ぶれん ラーメン / 竹ノ塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5






  美味しいらーめんメニューへ

● 特製濃厚豚そば

2011年8月
評価 B

ぶれん.jpg


仕事で竹ノ塚を訪れた際に、どこか美味しいらーめん店が出来てないかなぁとあてもなく思っていたんだ。
何気なく歩いていた商店街沿いにらーめんの上りを発見。
竹ノ塚は俺の家がある隣の駅だけど全然このお店の情報は知りませんでした。
店の前の案内を見ると無視出来ない魅力。

なんでも豚骨と鶏がらで丁寧にスープをとってじゃがいも等の野菜をポタージュ風に加えるとのこと。
かえしに魚介を使用しているのでWスープではないけれども魚介も味わえると言う贅沢さ。

野菜ポタ―ジュらーめんというと秋葉原松風の絶品らーめんを思い出すけど、
果たしてこちらのらーめんもそんな絶品らーめんなんでしょうか?

松風記事

さて券売機で特製濃厚豚そば(700円)の食券を購入。
一番安いメニューはかけ濃厚豚そば(580円)だったけど、トッピングが何もないんだとしたら寂しいもんね。

いつものように麺硬めでのオーダーです。

カウンター5席とテーブルが2卓のこじんまりした店内。
めっちゃ夏日のうだるような暑さの午後2時だったのに、俺の後にも客がどんどんやってきて、ほぼ満席状態!
地元では安定した人気があるみたいだね。

それにしても客は私服のおじさんばかり。
みんな夏休みなんだわ・・・・・・


ちなみにランチタイムは小ライス無料!
もちろん依頼したよ。

しばらくして登場したらーめん!じゃない豚そば。

トッピングは薄いチャーシューが2枚、キクラゲ、海苔、小さくカットした葱と玉葱。
レンゲでスープを口内に運ぶ。

意外とあっさり。
もっと濃度があるのかと思ったら野菜のポタージュなんてイメージはまるでなく・・・
だけどあっさりしているけどコクはあって、なかなか美味しいスープ。
このスープをご飯にかけて頂くとあっさりした肉茶漬けみたいで、もう1品スペシャリテが出来るんだよね。

麺は日本そばのような歯触りなんだけど、しっかり小麦の甘みがあって、相当に俺の好きな味。


ぶれん麺.jpg
玉ねぎはシャキシャキしていて、スープの中でアクセントになっているし、
俺が知っている竹ノ塚のらーめん店の中では一番好みかも。

スープの後半やっとじゃがいもの味を舌が判別。
もっと野菜の味を前面に出した方がもっと個性的になるとは思うんだけどなぁ・・・

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック