2011年03月28日

久楽

久楽(北千住)

久楽.jpg

なぜか食べログでは、あまり評判が高くないお店。
俺はなかなかいけると思うけどなぁ・・・

東武線北千住駅の構内にらーめん店が出来ていたなんて最近知ったよ。
ここは長い間お好み焼き店があったところ。
結構客が入っていたと俺は思っていたけど、採算が合わなかったのね。

普段なら会社の帰りの電車は日比谷線・東武伊勢崎線直通電車を利用していたから、北千住で下りることはそうそうはなかった。
しかし計画停電の影響で直通電車はなくなり、北千住構内で列に並んで東武線のホームに進むことになり、このお店の存在を知ったんだ。

仕事帰りの週末の午後9時過ぎにこちらのお店へ向かった。

店の外に短い列が出来ている。
店の前には本場の味!とののぼり。
北海道らーめんで麺は太兵衛小林製麺というブランドらしい。

だけど店内は広く席数は結構あるので、そんなに待たされることはなかった。

券売機で一番安価な醤油らーめん(730円)の食券を購入。

席に通された後に麺硬めでをお願いしながら食券を手渡す。
それにしても次々に客が入ってまいりますなぁ・・・
場所がいいのも大きな要因だろうけど・・・

若い女性は一人で訪れているのも結構見かけるので
これは味に期待が出来るかも・・・

席数が多いせいか注文の品の提供には結構時間がかかります。
15分程待って登場しました!

醤油らーめんなのにほんのり赤いスープ。
トッピングは薄い大き目のチャーシュー、半熟の味玉子、メンマ、葱、海苔。

まずは、やっぱりスープ。
???
これって醤油らーめん?

自分でオーダーしてなくてサーブされると味噌らーめんだと思ってしまいそうなコクと甘み。
でも濃度もないし、すっきりした喉越しはやはり醤油なんだろうなぁ・・・

こんな醤油らーめんスープは初めてだよ。
かなり個性的な醤油を使用しているみたいで、かなり熟成された醤油を使っているんじゃない?

麺の方はよく札幌らーめんの名店でも見受けるような中太の半透明の黄色い麺で一般的ではあるのだけれど・・・

久楽の麺.jpg

とにかくスープの味がユニーク。
トッピングのメンマも味つけは控えめでスープとバランスがぴったり!
そしてチャーシューは・・・
牛肉なんだ・・・
これは珍しい・・・
意外と豚骨スープにも牛肉はあうもんなんだね。

駅中には珍しくかなり気に入ったかも。


北海道らーめん 奥原流 久楽 北千住店ラーメン / 北千住駅牛田駅京成関屋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



  美味しいらーめんメニューへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック