2010年02月13日

定額使い放題!

定額使い放題!って便利だよね!

昔はインターネットも定額って制度がなくて、3時間使うといくら・・・5時間使うといくら・・・
なんて時代があったんだ。ふらふら

ネットしてても、タクシーに乗っているみたいで、のんびり調べ物することなんか出来ないわよ。

携帯だって定額のプランがいっぱいあるし・・・

便利な世の中になったものだ。ハートたち(複数ハート)

しかし!定額使い放題は使う方にはとっても便利だけど、
使われる立場になると、これが結構大変。もうやだ〜(悲しい顔)

うちの会社には残業手当がないんだよ。

最近大きなクライアントを当社が値引きで受注。
(そんな獲得方法だから業界自体の状況を悪くするんだ。)

年間数億の売り上げが見込めるビッグクライアント。
普通に考えればそのためにチームをつくって2,3人は少なくとも専任で配置する必要がある程の仕事量なんだけど。

当然俺たちも人が増えると思っていたさ・・・

なのに、なのに・・・
ビックリすることに人員はそのまま・・・

部署のクライアントの一部を他部署に任せることも拒否され、
今の部員でなんとかしろ!とのご指示ちっ(怒った顔)

利益が少ないから人を増やせないって理屈はあるんだけど、
だったら獲得するなよ!って思っちゃうわけ。

無理難題を命令する上層部の人たちはいつも6時台に帰っちゃうわけだし・・・

話しは最初に戻るけど、残業手当がないってことは、いくら働かせても人件費は増えないってこと。

だからどんなに利益が少なくても会社はやっていけるわけ。
残業手当があったら、人増やした方がきっと安いもんね。

でも相当の低さの利益率というのはわかっているから、残業手当なんかあったら会社は存続出来ないというのはわかるけどね。


それにしても毎日、終電。

休みも日曜しかなくなってしまって、こんなに残業時間が増えているのに利益が減っているから給料は減り続けているわけ。

メタボ検診なんかが企業に義務付けられたくらいだから、
企業は社員の健康を守らなきゃいけないって側面があると思うんだけど。

まあそれは本人の責任だからいいとして、少なくても企業が雇用者に
健康被害を与えちゃいけないと思うんだよなぁ。

俺は毎日4、5時間は眠っているけど、今日も12時に会社を出るとき
後輩はまだ残っていたし・・・

いつ誰かが倒れてもおかしくない状態。

まあもっと働いている人はいくらでもいるんだろうから、
弱っちい愚痴なのかもしれないけどね・・・


明日も終電なんだろうなぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)


働きすぎの時代 (岩波新書 新赤版 (963)) 過労死サバイバル―仕事ストレスが心身を蝕む前に (シリーズCura)


Kaoluのあるある大日記!サイトマップをCHECK?


posted by Kaolu M at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック