2009年08月27日

かれー麺 実之和

かれー麺 実之和 (青山一丁目)

実之和.jpg

クライアントに資料の届け物が終わって、青山一丁目の駅に向かう途中かれー麺と書かれた案内を発見!

カレーうどんの店かな?
そう思って近付いてみるとカレーらーめんの店。

ちょうどらーめんもカレーも食べたい気分だったから・・・このコンビネーションはぴったりかも。

15時30分頃に入店。
客は誰もいない。

カウンター席に座ってカレー麺並盛り(750円)を麺硬めでオーダー。
サービスにごはんをつけられるということなのででもちろんお願いします。

カウンターの上においてあるメニューを見ながら待つ。
おつまみやアルコールが並んだメニュー。

夜は居酒屋風な営業形態になるみたい。

6,7分待ってカレー麺とごはんが登場したよ。

大き目の皿の上にはカレーがたっぷり。
万能ネギと薄いしゃぶしゃぶのような豚肉が具材でございます。

さてスプーンでカレースープをすくって口に運ぶ。
熱い!

そしてかなりの濃度。

よくある他店のカレーらーめんのようにスープにカレーが混ざっているというものではなくカレーの中に麺が浸っているという感じ。

和風のカレー味でお蕎麦屋さんなんかで出てくるカレー南蛮のような和風味。

昔よく食べていたような甘いカレーの味で舌が懐かしがっていたよ。

麺も中太でなかなかの食感。

しかし注意しないとカレーって飛び跳ねてシャツを汚しちゃうんだよね。
慎重に皿の中で麺を束ねて口に運ぶ。
セーフ!

みんながここに神経を集中しなくちゃいけないのはわかっているんだから、紙エプロンとかのサービスがあれば嬉しいのに!と思ったぞ。

スプーンはなぜかめちゃくちゃ受け皿となる部分がでかいもので食べにくかったし・・・

このカレースープをごはんにかけると、ちょっと濃度の薄いカレーライスになってなかなかいける。

俺的にはカレーはらーめんよりごはんの方がよりマッチングするなぁ〜という印象は持ってしまいました。

あと具材が少ないので、後半味に飽きてくるんだよね。

薄い豚肉は、こちらもカレーが飛び跳ねてきそうだから、もっと小さく切ったお肉の方が食べ安いと思うし・・・

カレーもらーめんもどっちも楽しみたいと思った時にはありがたいメニューではあるけれど、どっちも本格的には楽しめないというのはミックス料理の宿命なんだろうね。

かれー麺 実之和 青山店 (ラーメン / 青山一丁目、乃木坂、外苑前)





Kaoluのあるある大日記!サイトマップをCHECK?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック