2008年11月26日

尾道らーめん 麺一筋 

★ 尾道らーめん 麺一筋(竹ノ塚)

麺一筋.JPG

またまた家の近くにある気になっていたらーめん店を訪れました。
竹ノ塚駅から尾竹橋通りで草加方面に向かって徒歩10分程度。
なぜか途中道に迷ってしまって、到着までに20分もかかってしまった。
普通だと迷いようがないんだけど。線路の反対口の道路を歩いていたんだよね。

この近隣には一度俺が訪れて気に入ったらーめん銀二メガらーめんがあり、
プチらーめん戦区

平日の夜10時30分位に店の前に到着。
透明なガラスで店内が一望出来るんだけど、誰も客がいない・・・

麺一筋外観.JPG
カウンターのみの店内は決して狭くはなく、10人以上は軽く着席出来るんだろうけど、

人がいないと余計に広く感じる。

さてここは券売機がないので、メニューを見ながら基本メニューであろうらーめんに煮玉子をトッピングした魂のらーめん(700円)を麺硬でオーダー。
麺のたまと玉子のたまたましいにかけているのかな?

”細麺と太麺どっちにします?”

と聞かれたので、もちろん太い方をチョイス。

引き続きメニューを見ながら待つんだけど丼ものやつけ麺など、意外とメニューは豊富なんだね。

さて4分も待たない頃にらーめんは登場しました。


茶色いスープに細いメンマと葱とチャーシューが3枚。
煮玉子は黄身がとろけだしそうな半熟。

麺は太めというわりには細いです。
さてスープをレンゲにすくって口に運んでみる。

なんか懐かしいような、だけどジャンキーな味。

魚の香りがかなりひきたっているけど、通常のかつおだしのような上品な香りではない。
後でホームページを調べてわかったんだけど

瀬戸内海の海で捕れた小魚、いりこ、もみじ(鶏の足)、玉ねぎ、しいたけを初めとする野菜類、かつをぶしを仕込んでいます。
さらには、ハギブシ(カワハギの干物)も加えております。


かつおぶし入ってたんだ。すんません。


麺は中太の黄色がかったちじれ麺。
これがつるつるしていてかなりのいい食感。

さすがに麺一筋と言うだけあって美味いよ!
しかもうどんのような味。

うどんとらーめんをあわせたような味。

当店の麺には、
うどん用粉を入れてますので、喉ごしが良く、胃もたれしないのが特長です。

納得。
こんな麺は初めて食べたからかなりインパクトがあった。
ただかなり個性的ではあるから好き嫌いは別れるんだろうね。

細く切ったメンマは細いがゆえにメンマとしての存在感はないが、
麺と一緒に口の中に入ってきてなかなかのコンビネーション。

小さめのチャーシューも昔ながらのルックスと歯ごたえなんだけど、ちゃんとジューシーさを残している。

玉子もちゃんと半熟だったしね。



個性的でちょっとジャンキーな味だけど俺は結構気に入ったなぁ。わーい(嬉しい顔)
ちょっと量が少なすぎるのが難点ではあるけど。
後、最後にスープを飲み干そうとした時、やたらと安めの醤油の味がした。
食べる前にスープはかき混ぜた方がいいかも。

しかし、そこそこ美味しいこのらーめん店。
客が入っているのをほとんど見たことがない。

帰りに通った俺のお気に入りの店銀二にも客は0!


やっぱり駅から遠くて駐車場もない。
という不利な立地が客を呼べない理由なのかなぁ・・・

あと上のこの麺一筋のホームページにはこの店舗がリストに入っていないんだけど・・・
このネット時代にずっとホームページを更新していないなんて信じられない会社ではあります。
そういう部分が客足を遠のかせている気もしないでもありません。

尾道ラーメン 麺一筋 足立竹ノ塚店


  美味しいらーめんメニューへ



posted by Kaolu M at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとことのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック