2008年06月27日

世界の美味!大島らーめん

大島らーめん(上野)

大島らーめん.JPG

約10年ぶりに訪れてみました。
世界の美味!大島らーめん!

贅沢なジョークとしてはかなり面白い店かもしれません。

俺が訪れたのは夜11時を過ぎた頃で先客は1名のみ。
世界の美味!なのに・・・

店内にはオーナーシェフ大島氏の写真がいたるところに。
一日1杯、毎日吟味。

相当らーめんに自分の生きがいをかけたすごい方のようだ。

ちょっと怪しい新興宗教の道場のような雰囲気も漂わせている。
店内ではお静かに・・・酒類はお一人様1杯まで・・・など注意書きも見受けられるし。

メニュー1つずつが高そうな気の札に値段とともに書かれていて壁を埋め尽くしている。
全体的に値段は高いので、その中でも一番安い醤油ラーメン(800円!)を麺硬めにと注文をつけた上でオーダー。

もうすぐ世界の美味が味わえるんだ。

待つこと数分、目の前に世界の美味!が登場しました。
ちょっと濁ったスープに薄いチャーシュー、湯で玉子ハーフ、メンマ・・・
スープをすくって口の中に運んでみると・・・

椅子から転げ落ちそうになりました。バッド(下向き矢印)

ツーのらーめん
よく社員食堂で350円程度で提供されていそうな味です。
上質な小麦粉に新鮮たまごをたっぷり加えてつくったという秘伝の麺はあえて秘密にしなくても誰もその作り方を知りたいとは思わないでしょう。

メンマは大きめでこれはいいかもと思ったら、柔らかすぎて何を食べているのかもわからないし、チャーシューも柔らかいだけで肉の旨みが煮込みの最中で全て外に流れ出してしまったような味気なさ。

10年前に食べたときもこんなひどい味だったっけ?
俺の舌がばかだったのか、この店の味がおちたのか?
多分俺の舌がバカだったんでしょう。
ここ数年美味しいらーめん店があちこちに出来てらーめん文化が大きく変わったせいもあるのかもね。


30年も営業を続行しつつ、もうすぐ北千住に新店を出店なんて情報が不思議でたまらん。
多分この大島らーめん・・・
お金をかけた壮大なジョークなんじゃないかな?
世界の美味!ってこれだけあおっておいて、しかも800円という高額の支払いを要求しながらも
食べて見たら全然美味くないじゃん!おいおい・・・っていうのり突っ込みのジョークね。


とにかくこの壮大な冗談を一度経験したいという心の広い方意外には、ここのらーめんは決してお勧めできません。
店内では静かになんて注意書きしてあるわりには店員さんも
”ありがとうございます”じゃなくて”あーざーす”って言う雑な接客。

世界を目指すにはまだ早すぎる感じがします。

大島ラーメン 上野店

  美味しいらーめんメニューへ

この記事へのコメント
へ〜名前だけ、過大広告、最近は情報あてにならんね…

結局は、友達がうまい!って言ってる店が安心だけど、それでも自分の口にあうものとあわないものがあるし。

ラーメンは深いね。


ねえ、ボンクレのコミュで昭和の香りテストしてみてよ!
かおるさんは、8点位行くでしょ???
Posted by あきねえ at 2008年06月28日 09:47
あきねえ>ボンクレのコミュでそんなのがあるの?多角経営を始めてらっしゃるのね。
しばらくMIXI遠ざかっていますが近いうちにやってみる。昭和の香りはあんまり俺は好きではないんやけどね・・・
Posted by Kaolu at 2008年06月29日 01:04
そうなの??
Posted by あきねえ at 2008年06月29日 12:06
あきねえ>そうなの。。
Posted by Kaolu at 2008年06月29日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック